« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ニンジン収穫

Img_4503 2009.05.31

 雨の合間をぬってニンジンを収穫しました。人差し指ほどの太さですがニンジンの香りが豊かなのでラディッシュのようにして生でいただきます。もちろん葉も料理して残すことなく食べ尽します。このあとにはさつまいもを植えようと思っています。

なんとなく二人

仙人岳の仙人

Img_4023

砂漠のバラ

2009.05.29

 ちょうどひと月前S君から「砂漠のバラ」を頂いた。昨年奥さんがチュニジアを旅した際にお土産に買ってこられたそうで私が鉱物に趣味を持っていることから下さったようだ。産地証明のラベルがないのは土産物として売っていたからに違いないが砂漠のバラが産出するのは文字通り砂漠だからチュニジア領サハラ砂漠産であることは違いない。色と形状からして重晶石ではなく石膏の結晶の集合体でかつてここがミネラル豊富な水を湛えた湖か沼地であったことを物語っている。結晶の集合体がバラの花のような形になる理由はまだはっきりとは解明されていないが本物の「砂漠のバラ」も同様に自然界の合理性があってその形が形成されているのは間違いない。Img_4484

環天頂アーク

2009.05.27                                                                     

Img_4449 2003年の8月に伊豆の下田で鮮やかな逆さ虹を見て以来、大気光象に関心を持ちそれ以来よく空を見るようになった。昨日上空に巻層雲が広がり幻日と内暈が現れ上部タンジェントアークもかすかに観られたので視線を上げると久々に環天頂アークが現れていた。

クライミング

2009.05.25

スラブを行く

Img_4427_3

芽吹き

2009.05.18

 カラマツの芽吹きImg_4149

シジュウカラ営巣

2009.05.10

 庭先でいつもと違う声で囀るシジュウカラ。ひょっとしてと外に出ると葡萄棚の上でオスのシジュウカラが警戒中。2月に新築して軒下に設置した巣箱に注目していると脇に2つ並べて置いた古い巣箱の中からメスが出てきた。ペアで飛んで来てはコケを咥えたメスが営巣のため巣箱に入りオスは外で警戒するという仲睦まじい姿に心癒される。さて今年は何羽の雛がこの巣箱から巣立つのだろうか。Img_3809

神剣

2009.05.09

 男体山山頂に立つ神剣。江戸時代後期に茨城県結城市の刀鍛冶が刀剣と同じように鍛え上げて作り上げた神剣だそうだ。だからこそ雷に打たれ幾度か倒れながらも今日までその姿を留めているのだろう。銀色に輝いて天空を突いて立っていた姿はもはや想像するしかないが、赤茶けた錆に覆われながらも神々しく輝く姿は「神剣」そのものだった。Img_3775

よこはま動物園 ズーラシア

2009.05.04

 GWのまっただ中、家内と末娘を連れてズーラシアへ。家族サービスを身近な所で済まそうと目論む訳ではないけれど動物園は意外と老いも若きも楽しめる場所。かく云う私も動物を被写体としてとらえるのが大好きで動物園は絶好の場所だ。今日は特別に自由に撮らせてあげると娘にデジ一を預けた。この動物園で人気だったキンシコウが中国に返されたあと、目玉はオカピ。四大珍獣(オカピ、ボンゴ、コビトカバ、ジャイアントパンダ)の一つに数えられるだけに人気の動物でオカピの獣舎前で人の流れは止まる。Dsc_1902ct

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ