« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

ヤマメ

2010.03.31

 昨日一日の留守番のご褒美なのか細君が「釣りに行ってもいいよ」という。「おかずになるから山よりは送り出しやすいか」等と不謹慎なことを思いつつ、善意で解釈すればまだ脚の具合が良くない私が家で燻っているのを可哀そうに思ってくれたのでしょう。で、行ってきました。オフシーズンに作りに作った自慢の?フライをとっかえひっかえしながら悪戦苦闘して最初に釣りあげたのがこのヤマメ。P3310005その後五尾のニジマスと遊んでアイの穴が見えなくなったころ納竿となりました。のんびりとしたいい一日でした。

シジュウカラ入居

2010.03.30

 プラグトレイに出そろったミニトマトの苗にかわいい本葉が開き始めたのでそろそろポリポットへ移そうと庭仕事をしていると、苔を咥えたシジュウカラが飛んできました。家主の私を警戒してしばらく躊躇ったあと背の高い巣箱に入っていきました。営巣の確認です。やったね。今年は何匹の雛が巣立つか、今から楽しみです。Dsc_4256

秘密のおもちゃ

2010.03.25

 10年ほど前、倒産した会社の社長に頼まれて新会社の経理を手伝ったことがある。そこには敬虔なクリスチャンで平和主義者の営業マンがいて政治や国防のについてよく論争をしたことがある。その彼曰く「○○(私のこと)なら銃の一丁や二丁、絶対に持っている。」その銃がこれ。M8000。私のお気に入りだ。 押入れの奥から引っ張り出して分解清掃給油し作動を確認。さて試し撃ちはどこでしようか。Img_9491  

キジバト

2010.03.23

 この写真、ブログに載せようか載せまいか迷ったのですが野鳥好きな私としてはこの瞬間を目撃できたことが嬉しくてやはり載せてしまいました。いい子を、否、いい卵をたくさん産んでくれると思います。さてどこに巣をつくり始めるか観察して探さなくてはなりません。Dsc_3579_2

 

卒業式

2010.03.22

 桜の開花宣言がだされた今日の東京都心。長男の大学卒業を祝うため武道館で行われた卒業式に参列してきました。我が家ではようやく二人目を社会に送り出したことになります。肩の荷がまたひとつ、下りました。あと、ふ・た・つ です。P

若き日に汝の思想を培え

若き日に汝の体躯を養え

若き日に汝の知能を磨け

若き日に汝の希望を星につなげ

 この言葉は私の座右の銘。公私ともに大変お世話になった東海大学の創始者である故松前重義先生の建学の精神です。今で言えば「知育」「体育」「教育」そして「大志を抱け」ということでしょう。次の世代を担う若い人たちに伝えたい言葉です。

黄砂による光環

2010.03.21

 大陸では今年最大の黄砂が観測されたという。日本への飛来が21日昼ごろになるというので昼近くに洗濯物を干そうとしていたかみさんをとめた。やがてそれまで見えていた遠くの山々が白く霞み始めると自宅から5.5キロ先の高尾山も見えなくなってしまった。スギ花粉の飛来でも太陽に光環が観られるのでカメラを持って外に出て太陽を撮影してみるとやはり光環が観測された。Img_9501

春大予選一回戦惜敗

2010.03.20

 晴天に恵まれた暖かな一日、国士舘大学の多摩キャンパスで行われた春季東京都高等学校野球大会一次予選の応援に行ってきました。互いに1点を守りつつ延長戦に突入した試合でしたが残念ながら次男の学校はサヨナラ負けとなりました。各地で行われた予選会ではコールドゲームで終了した試合が多い中、延長戦まで楽しめたいい試合でした。Dsc_3389

 

 

夫婦

2010.03.19

 ここ数日、庭につがいのキジバトが姿を現すようになった。初めにメスが飛んできて後を追うようにしてオスがやってくる。雌雄がなぜ判るかというと初めに飛んできた個体の頭部を後からやってきた個体が優しく突いていて、突かれている方は気持ち良さそうに目を閉じているからだ。当然、優しい方がオスでしょ?Img_9404 でも、よく見るとこのメスは左足にトラブルを抱えている。緑色の糸のようなものが絡んでいるのが見えるだろうか。脚も変形していて歩く姿が痛々しい。もうすぐどこかに営巣するのだろうけれど、卵を産み、子育てをして巣立ちをさせるまで、傷が悪化することなく親としての務めを無事に果たせるよう祈るばかりだ。Dsc_3225

66666

2010.03.18

 深夜、娘を八王子駅まで迎えに行く。今日の帰宅はまだ早いほうで、時には午前1時をまわることもあるので迎えは全て私の仕事になる。朝は毎日6時30分起きだからこの時間の迎えはちょっときつい。でもいつもと違って今日の迎えだけは苦にならない。それはオドメーターの表示がもうすぐ6並びになることがわかっていたからだ。カメラを用意して駅に車を走らせその時を迎えて証拠写真を撮ってひとりほくそ笑む。

2010.03.17Img_9468 66666_201003172009.09.1555555_20090915 2008.09.1533333_20080915_2  2008.01.2822222_20080128残念ながら1と4並びは撮れませんでした。

家で沈する日々

2010.03.18

 医者曰く「原因が判らないこともある」という。痛みは和らいだが知覚異常は残ったままで、このままでは人を誘って山に行くことはできない。だからと言って独りで山に行くことを家人は許してはくれないだろう。「春山」というココロオドルような季節なのにじっと我慢して家で沈する。昨日、白山書房から「山の本」2010春号が届いた。終刊した山の文芸誌「アルプ」に代わる愛読書として探して選んだ「山の本」はこれで通巻71号になる。山に行けない日々の寂しい気持ちが癒されるかどうかはわからないが、体調が今以上に変調した時の山に対峙する新たな道への標があるかも知れないと思って読んでみる。Img335

雛人形

2010.03.01

 遅ればせながら今日ようやく雛人形を飾ることができた。今年はかみさんの五段飾りにはお休みを頂いて娘二人の雛人形にお出まし頂いた。写真は長女のもので我が家で飾るのもあと何回だろうと気をもむ年頃になってきたが、まだ本人たちにはその気は無いみたいだ。飾るのが遅れたぶん永く飾っておきたいところだが婚期が遅れるといけないので雛祭りが済んだらささっとしまってみようと思う。Img_9322

 

種まき

2010.02.28

 我が家の春はミニトマトの種まきから始まる。ミニトマトは家族みんなに好評なので私としても作り甲斐のある作物で定番は「アイコ」と「シンディースイート」。昨年は「ルネッサンス」を初めて作りその美味しさに惚れたので今年は定番トマトの仲間入り。今年の試みとしてミニではないが「麗夏」という大玉品種に挑戦する。自家消費(約20本)以外の余分な苗(約30本)は門の前に置いておくと近所の方が持って行ってくれるが毎年楽しみにしている人もいるらしい。Img322 Img323

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ