« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

これ、何でしょう?

棘、生えてるんですね。Img_0007_2 現在製作中です。Img_0015

ダライ・ラマ法王

明日4月29日は父と義妹の祥月命日にあたる。毎年この日を含めた前後に墓参をするのが我が家の決まりで、今年は前日28日の今日、所沢の霊園と池袋の護国寺の二か所を墓参。その護国寺で偶然にもダライ・ラマ法王の姿を拝する事ができた。Img_0012 明日この寺では法王による「東日本大震災犠牲者 四十九日特別慰霊法要」が予定されており、その打ち合わせで来られていたようで、チベット僧や護国寺の僧侶、護衛の人たちが取り囲む中、気軽にカメラを向けられる雰囲気ではなかったが恐る恐るシャッターを切ったのがこの一枚。法王の視線に注目。明日29日は誰でも参加できるというから心ある人は法要に出てみてはいかがだろうか。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

巣作り

2011.04.22

 今年もまたシジュウカラの「つがい」がやってきました。

メスが巣材を運びDsc_6460_2オスが周囲を警戒して絶え間なく囀ります。Dsc_6471留守のうちに巣箱の中を覗きました。Img_0530 スズメが敷いた枯れ草の上に苔を敷き、何処から集めたのか獣毛や鳥の羽が敷かれています。成長が楽しみなので今年は時々覗かせてもらいましょう。

甘いタケノコ?

2011.04.19

 ひと雨あったので雨後のなんとかを期待して竹林へ。Img_0430 小一時間探しまわって5本の収穫は少し残念。でも先週採ってきたタケノコには甘みがあって実に美味でしたからこの5本にも大いに期待が持てます。春の恵みのタケノコ、美味しくいただきました。

試し掘り

2011.04.14

 試し掘りをしてきました。収穫は初っ端見つけたこれ一本のみ。Img_0399_2 土もカチカチで掘るのに苦労しました。ひと雨欲しいところです。

 

電波時計

2011.04.13

 福島の地震から数日して居間の電波掛け時計に狂いが生じた。朝の通勤通学に正確な時計が欠かせない我が家にとって一大事である。調べてみると福島の標準電波送信所が原発の20キロ圏内で職員の退避で停派中だとわかった。でも九州の送信所があるはずだと強制受信を試みたが時計の針は空しく回るだけだった。もう十数年前の電波時計である。ひょっとしてと思いメーカーのHPでマニュアルを探し出してみると案の定、福島の電波しか捉えられない電波時計であった。で、当然、新しい電波掛け時計を新調する事になった。

この時計は東西の両送信所の他ラジオのAM電波の三派対応の優れ物だという。Img_0062 もうひとつデジタル表示の電波時計も購入。二つの電波時計が同じ時間を表示していればどちらも正確というこだわりの選択だ。Img_0002 ところでこの二つの時計の写真には写した私の遊び心が二つ隠されている。一つは簡単だね。もう一つは正確に時を刻む電波時計二台をどのようにして写したかという時系列を読み解く遊び。

キンカン育ちの三兄弟

2011.04.08

 気持ちが悪いという人もいるかも知れないがナミアゲハの蛹である。Img_0347 昨年晩夏、鉢植えのキンカンにナミアゲハが次から次へと飛来して産卵していく。卵を見つける度に除去していたがいつの間にか孵化した幼虫がいて殺すのは忍びないと放置していた。秋になって鉢を整理していたところそこここに越冬する蛹が見つかった。それがこの三兄弟。もう間もなく羽化する頃なのでブドウの枯れ枝に並ばせてブルーベリーの木の根元に置いてその時を待つ。

高尾山に異変?

2011.04.06

 老人会、花見ハイクの下見で高尾山へ。天気は快晴、春の陽気に人出もほどほど。でもなんか変。おかしい。いつもの高尾山では無い。さて何がおかしいのでしょう。

午前10時の麓の駅。桜は開花したばかり。目的地は一丁平の桜並木。Img_0002_2 稲荷山コースで山頂へ。人もまばらな山頂の三角点。おでんの幟が重ってちょっと笑える。Img_0011 お決まりの構図で富士山を撮る。Img_0013 今日はやけにトレイルランの若者が多いなと思っていると、こんな人が走り抜けていきました。足に注目。Img_0026 目的地の一丁平。桜はまだ固いつぼみのようでした。来週咲くといいな。Img_0033 S君、峠はとうに超えた。花粉はもう無い。Img_0048 12日の花見ハイクにはヤマザクラの花が開くことを期待して復路、薬王院へ。Img_0067 仏の教え、十の戒め。Img_0079 でも、この誘惑には勝てませんでした。Img_0082_3 琵琶滝への下りで春限定の昆虫に出会いました。名前は「ビロードツリアブ」。この昆虫は名前のとおり本当に釣りをするんです。普段は花の蜜を吸う針のような口の先端から糸を出して、その糸の先端には釣針のような針まで付いている。これで土に開いた穴の奥にいる蜂の幼虫を釣り上げて食べてしまうんです。Kaychanより釣りは上手のようです。Img_0089 そして無事、麓の駅へ下山。停車中のケーブルカーを撮りました。なんか写真が変?Img_0102 ところで今日の高尾山、何が異変なのでしょう?実はガイコクジンらしき人の姿が全くなかったのでした。こんな高尾山は初めてでした。ミシュランの三つ星も放射能の風評には勝てませんでしたね。

おまけ。こちらの写真の方が変にみえませんか?Img_0101

小さな春、見つけました。

2011.04.05

 竹林にタケノコの偵察に出かけて見つけました。Img_0306

散歩de湯島

2011.04.02

 K君が言いだしっぺの撮影会。写真好きの男女6名が集まって湯島界隈へ繰り出しました。

まずは湯島天神。Dsc_6273合格御礼の絵馬がたくさんありました。 Dsc_6275なで牛。Dsc_6277移動して旧岩崎邸へ。Dsc_6304庭園の桜は一分咲き。Dsc_6322無縁坂にはおかしなマンホールがありました。開くのかな?Dsc_6329麟祥院には春日局のお墓があります。Dsc_6337倒れている石燈篭がたくさんありました。Dsc_6347菊坂から樋口一葉の旧居跡へ。今も人が住んでいます。Dsc_6355木造3階建の下宿、本郷館を見に行きました。あの日の地震にも耐えたエコ住宅です。Dsc_6368そして最後は東京大学へ。Dsc_6381学生運動の名残を見せる安田講堂。Dsc_6398母校のつもりで記念撮影。Dsc_6402春の陽気に誘われながらの第一回撮影会。楽しい一日でした。

psどら焼き。K君お奨め。旧岩崎邸でおやつにいただきました。

Dsc_6325

aikoさんのリクエスト。女坂下の占い師「暘幸斎哲修(ようこうさいてっしゅう)」さんです。Dsc_6296

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ