« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

JANAFA 研修会

2012.11.29

今日の横須賀港 左からヘリ空母「ひゅうが」、護衛艦「きりしま」、潜水艦「なるしお」と「うずしお」Img_4986今日の研修は米海軍横須賀基地に係留中のGWと海上自衛隊の潜水艦の二か所でした。Img_4995GWでの研修会は三回目。あちこち見て回りたかったのですがメンテナンス中ということもあって単独行動は出来ませんでした。Img_5014カタパルトの修繕をはじめ、物資の補給や各所のメンテナンスで航空機は全て厚木基地へ移動中でハンガー内は広大な倉庫のよう。Img_5026Img_5063_2
格納庫の設備や装置、GWの歴史的経緯などの説明を聴き、その後艦橋へ上がり操舵や計器類についてのレクチャーを受けて退艦。

移動して今度は潜水艦に乗艦。 手前が「うずしお」 奥が「なるしお」 潜水艦は隠密行動が命とあって潜水能力や装備など秘密事項が多く、携帯電話やカメラなどの持ち込みは不可なので内部の写真はありません。Img_5070私が乗艦したのは「なるしお」で、魚雷、ミサイルの発射管室、居住区、発令所、食堂、シャワー室、トイレなどを見学 思っていたより艦内は広いという印象をうけました。
ImgGWと潜水艦での研修後は会場を移してJANAFAの懇親会が行われました。Img_5089海上自衛隊と米海軍の親善と交流に功績のあった方々へJANAFAからの感謝状と記念品が贈られ懇親会が始まりました。Img_5096

ダイヤモンドはほんの一瞬

2012.11.27

歯医者からの帰り、公園の歩道橋にレンズの砲列発見!すっかり忘れていた自分に呆れながら自宅に戻りカメラを掴んで家を飛び出す。撮影のセッティングをする余裕も無くシャッターを切ったがどうにか間に合ったといえそうだ。Dsc_9858 雪煙が輝く時間はほんの数分だ。明日天気にDsc_9865 な・あ・れ

太陽とハロ

2012.11.27

先週の立山で観られた大気光象

山荘に到着して一眠りしようかとしていた時に何気なく窓から外を眺めて気づいたハロ。慌てて外に飛び出し撮影しました。幻日、内暈(22度のハロ)、上端接弧(上部タンジェントアーク)が出ています。残念ながら環天頂アークは観られませんでした(PM 3:06)Img_4907

さらに10分後、今度は出現が比較的稀な外暈(46度のハロ)が観られました。太陽高度が低く太陽の左に縦の虹となって現れたので上部ラテラルアークの可能性もありますが、いずれにしても観測するのは初めてImg_4917

翌22日のAM 9:08の写真。今度は楕円の太陽です。もちろん氷晶によるものですが写真に捕えることが出来たのはこれも初めてImg_4960_2

立山

2012.11.21-22

白馬の師匠に誘われて冬の立山に行ってきました。

黒部ダム 立山はあの白い峰の向こうImg_4841

室堂平は2メートルの積雪Img_4868_2

スノーシューを着けてさっそく室堂山へ
Img_4877

室堂山山頂から槍ヶ岳方面 Img_4878

今日の宿、立山室堂山荘へ下る Img_4895

左から師匠、私、そしてヒロヒサ君のトレースImg_4898

明日登る予定の雄山の肩に月が昇る Img_4902

ハロ Img_4907

翌日 一の越に向かうImg_4932

一の越から山頂方面 時折の強風に雪煙が上がるImg_4945

アイゼンを着けて雄山へImg_1350

忘れていた感覚Img_4950

眼下の室堂平 彼方から荒天の兆し
Img_4956

雄山山頂から雄山神社 Img_4961

雄山神社 Img_4964

昨日の出来事

老人会ハイキングImg_4775 そして、58Img_4831

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ