« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

美ヶ原、高妻山、高瀬ダム

2013.10.12-14

白馬集会登山部のメンバー、山男三人と山ガール二人で秋合宿に行ってきました。

一日目は美ヶ原でウォーミングアップ。Img_2005 美しの塔の背後の王ヶ頭を目指す。Img_2007 美ヶ原の山頂、王ヶ頭。これも百名山のひとつ。Img_2024 板状節理の突端は強烈な風が吹上げていた。Img_2025 王ヶ鼻山頂Img_2039 王ヶ頭を振り返る。Img_2049 厚い溶岩層に発達した板状節理が見事。Img_2054 ちなみに王ヶ頭、王ヶ鼻の名の由来は松本市内から見た山容が巨大な王様の顔に見え、それぞれが頭と鼻に相当するのだそうだ。この日は白馬のHペンション泊まり。

二日目はヒロヒサ君の山友の皆さんと戸隠牧場で合流し高妻山登山。

牧場を抜け沢沿いに登り一不動避難小屋へ。Img_2125 紅葉の尾根道を行く。Img_2122 幾つもの小ピークを超える。Img_2141 視界が開けると高妻山が大きく迫る。Img_2171 八丁だるみ先の山頂直下は笹の中の急登をほぼ直登。登りきると岩尾根の先に高妻山の山頂が姿を現す。Img_2185 山頂。背後に昨日冠雪した北アルプスの山々。Img_2229 「J J J」 のポーズはMSBオリジナル。Img_2209 展望と軽い昼食を楽しみながらたっぷり1時間の休憩をとり下山開始。来た道を戻り、途中から戸隠牧場への新道、弥勒尾根新道を下る。Img_2246 麓の紅葉を楽しみながら3時間半で牧場へ下山。車の帰路、倉下の湯で汗を流しペンションに帰着したのは午後7時だった。

一不動避難小屋から始まった十三仏参りは二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵、六弥勒、七薬師、八観音、九勢至、十阿弥陀、十一阿閃、十二大日、十三虚空と続くのだそうだ。高妻山の先、乙妻山が十三虚空で乙妻山まで行かなくては十三仏参りにはならないとのこと。

三日目は高瀬ダムへ紅葉狩

遅い朝食を摂りペンションを出発。ロックヒルダムの高瀬ダムへは七倉温泉の駐車場に駐車し、タクシーで片道10分2,000円。紅葉には一週間早いとのことだったが行くだけの価値はあった。

ひとつひとつの石の大きさは想像を超えていた。Img_2325 ダム湖は緑色。Img_2270 トンネルは抜けられる。裏銀座への登山道だ。Img_2322  トンネル上の展望台からは槍ヶ岳の穂先が見える。Img_2279 奥の山は唐沢岳。Img_2282 帰りは別のタクシーが待機していて七倉温泉まで。ハイキング、登山、紅葉狩りと、秋の清々しい空気の中で十分楽しめた三日間でした。

何だろう?

2013.10.01

これはなんだろう。キノコらしいが名前がわからない。Img_1649 上からみると丸く、キノコの傘のようで、押すと胞子が飛ぶ。Img_1648 誰か名前のわかる人はいないかな。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ