« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

四ッ又山から鹿岳(かなだけ)

2015.11.19

ほぼ2ヶ月ぶりの登山。ヒロヒサ君、Becker君の計画に乗せてもらって西上州の四ッ又山から鹿岳を歩いてきました。

大久保の私有地の空き地が登山口Img_3441 しばらくは沢沿いの登山道を行く。Img_3444 落葉した木々の中に紅葉が映える。Img_3457 こんな物も私にとっては宝物のように思える。Img_3458 天狗峠から四ッ又山への登りで鹿岳が姿を現す。Img_3472 四ッ又山山頂(P1)
Img_3482 四ッ又山の四つのピークを踏み、落ち葉に埋もれた急坂をマメガタ峠へ下る。Img_3503 マメガタ峠 この日この峠で初めて登山者とすれ違った。Img_3508 鹿岳のコルへ上り返す。Img_3520 鹿岳の一ノ岳山頂Img_3542 山頂直下の崖っぷち。足下から広大な風景が広がる。P1050785_2 コルに戻り今度は二ノ岳山頂Img_3581 こちらの山頂直下の展望の良い岩棚には先客ハヤブサがImg_3582 鹿岳の二つの山頂を踏んで、あとは下るのみ。麓まで気の抜けない楽しい山道でした。Img_3587

百蔵山

2015.11.12

地元町内会のシニア倶楽部のハイキングの会で百蔵山に行ってきました。

私を除けば平均年齢73.8歳という超高齢の方々ですが、普段からテニスに卓球、グランドゴルフを楽しみ、歌声、民謡、カラオケ、器楽演奏と実に多彩な趣味をお持ちで、青春ならぬ「橙春」或いは「老春」を横臥している元気なお年寄りたちです。ハイキングのお世話係として5年目を迎え、皆さんの歳相応な山の選定に頭を悩ませますが今回は山梨百名山、秀麗富嶽十二景の百蔵山です。

猿橋駅から歩いて30分、21世紀倶楽部というターゲットバードゴルフ場からの百蔵山。Img_3281 山頂直下のトラロープが張られた急登。高齢者には応えます。Img_3291 猿橋駅から約2時間。百蔵山山頂。Img_3297 時折下界は見えるものの肝心の富士山と周辺の山々はガスの中で見えません。写真は一週間前の下見山行時の山頂。中央雲の上に富士山が見えています。Img_3204 山頂のベンチでランチタイム。皆さん何かしらの自作の料理を他の人の分まで持ってきています。Img_3299 お腹が一杯になると反省会と称した下山後の「一杯」の場の楽しみに話題が移り、早速下山開始。足下の紅葉に目が行く余裕も出てきました。Img_3306 下山後は日本三奇橋の一つ「猿橋」を見学。Img_3325 橋のたもとの蕎麦屋前では名物おばさんによる国定忠治の紙芝居を拝聴し、今日のイベントを終了。Img_3345 猿橋駅から八王子駅に戻り解散。元気な皆さんは反省会?会場へと繰り出していきました。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ